スタッフブログ えがお

staff blog

9月9日(金)
「救急の日」にちなみ、
本館1階ロビーにおいて
一般市民向けの救急講座を開催しました。

IMG 3322

午前9時

オープニングセレモニーに続き
当センター救急室所属の
認定看護師2名がインストラクターとなり、
訓練用の人体シミュレーターとAEDを使った
心肺蘇生法の実演をスタート。

IMG 3360

「人が倒れています。皆さんだったらまず何をしますか?
 そうですね、まずは意識があるか確認をしましょう。」

集まった市民の方々と対話しながら
分かりやすく、丁寧に
救急対応の手順をレクチャーするインストラクター。

 

ひととおり説明を終えると
今度は市民の方にも実際に
胸骨圧迫(心臓マッサージ)を体験していただきました。

心肺蘇生法の講習を受けるのは初めてというこちらの女性。
「うわー、結構力が要りますね。手が疲れる・・・」

IMG 3374

「速いペースでしっかりと押し続けなければいけないので
 実際にやってみると1人ではとても大変ですよね。
そんな時は『誰か、代わってくださーい』と大きな声で
助けを求め、皆で交代しながら続けていくことが大切です。」
との看護師のアドバイスに
なるほど!と頷いておられました。

こちらは
水俣第一小学校浜分校の先生と生徒さん。
真剣な表情でインストラクターの説明に耳を傾けていました。

IMG 3402

質問もバンバン飛んで、白熱した課外授業に・・・。

実技では
「おっ!上手だねー。その調子!」

IMG 3410

と看護師から太鼓判を押され、

IMG 3416

AEDの使い方もよくできました!

こうして約2時間にわたり開催された救急講座。
多くの市民の方々がブースに立ち寄ってくださいました。

IMG 3433

たまたま通りかかった方がほとんどでしたが
「救急対応の方法を学べて良かった。」
「とても分かりやすかった。私にもできるかも。」と
皆さんに満足して帰って頂き、救急イベント大成功!

今回初めてこのイベントを企画・運営した
救急室のスタッフも嬉しそうでした。

皆さんはじめまして。総務課の山〇と言います。

はじめまして、と言っても
写真では何度もこのブログに登場しているんですけどね、エヘヘッ・・・(´ε`*)ゝ

私はブログの担当ではないんですが
今回、半ば強引に執筆を依頼されまして・・・。

なぜ今回
私が記事を書くことになったかと言いますと・・・

 

アレッ?

 

何でだっけ?・・・・・・

・・・・・・何でだったっけなー・・・

 

ハッ!
そうでした!思い出しました!

先日、水俣市内の中学生が
当院に職場体験学習に来てくれたんです。

それで、たまたま私が生徒さんの受入担当だったもので、
実習の様子をレポートしてくれということになったのでした。

トホホ・・・

 

ブログなんてこれまでの人生で一度も書いたことないし
文章もあまり得意な方じゃないので
うまくお伝えできるか分かりませんが
その辺は皆さんの温かい目で見ていただけると幸いです。

今回の職場体験学習では
9月7日・8日の2日間
市内4つの中学校から計8名の生徒さんを受入れました。

当院職員のお子さんも何人かいましたね。

そう言えば、
私の直属の上司であるO主幹の息子、O君も来てました。

O君は今回、職場体験の班長ということで、
さすが、リーダーの血を受け継いでいるな~と思いました。

以下、実習風景の写真です。

こちらは、看護師さんと一緒に
ストレッチャーでの搬送をしているところですね。

 IMG 5845

患者さんの清拭にもチャレンジしてもらいました。

 IMG 5849

そのほかにも臨床検査科やリハビリセンターで
様々な職種の業務を見学。

 IMG 5853 IMG 5868

薬剤科も人気がありましたね~。

IMG 5857 

IMG 5862

複数の中学校からの参加ということもあり
最初は皆かなり緊張しているようでしたが、

各部署での実習中は
興味ある仕事を体験できて楽しそうでした。

この職場体験がきっかけで
将来医療センターで働いてくれる子がいたらいいですけどね・・・。

 

実習の最後に
広報担当のNさんから
ブログ・広報誌掲載用の集合写真を撮ってくるよう頼まれたので
撮ってきたんですが ↓

IMG 5869 

写真を見せたらNさんに
めちゃめちゃ怒られてしまいました。

皆いい笑顔だし、
一体この写真のどこがいけないんでしょうね・・・

私にはさっぱりその理由が分かりません。

だったら自分で撮ればよかったのに・・・。

でも、せっかくの記念写真なので載せますね。

以上、山〇でした。

広報誌ふれあい
スタッフブログえがお
久木野診療所
水俣芦北糖尿病療養士会
仁愛の窓 短歌・俳句・川柳の募集
リンク集
太陽熱利用システム
倫理について
back-to-top
ページ上部へ