ご来院の方へ

for coming to hospital

診療情報管理室

診療情報管理室の紹介

診療情報管理室

電子カルテ導入後の帳票類の管理・保管業務、情報提供・資料提出・統計、特にDPC様式1のチェックとデータ分析が主な業務です。
外来診療録は一部を除き平成9年度から、入院診療録は平成18年度から保管しており、現在の診療録の保管冊数は、入院診療録が25,000冊、外来診療録が200,000冊となっています。

業務内容

1.入院診療録の管理保管

  • 電子カルテ移行後の帳票の回収
  • 貸し出し・アリバイ管理
  • 点検・不備返却
  • 「病歴大将」システムによる医療情報入力
  • 編綴・保管
  • 疾病統計や調査の資料抽出・情報提供など

2.外来診療録の管理保管

  • インアクティブ対象診療録の回収
  • 貸し出し・アリバイ管理
  • 編綴・保管など

3.その他

  • DPC様式1のチェック
  • レントゲンフィルム・画像CD保管
  • 全国がん登録
  • 病名マスターの管理
  • 診療についての諸統計
  • 診療情報管理委員会の開催
  • DPCプロジェクト委員会、クリニカルパス委員会への参加

診療情報管理委員会

毎月開催される診療情報管理委員会では、サマリーの記載状況を報告し、診療録に関係する事項の検討・決議、必要に応じて勉強会を行い、委員会議事録は院内web掲示板に掲載し、周知徹底を行っています。

協議内容

  • 保管年数など診療情報(診療録・フイルム等)の様式・管理方法に関する事項
  • 記載マニュアル作成・診療情報管理委員によるオーディットなど診療情報の質向上等、改善に関する事項
  • 個人情報保護法を元に医療情報の開示と秘密保持に関する事項
  • 症例報告など医療情報の利用・活用に関する事項
  • その他の診療情報管理の改善と推進に関する事項

診療情報管理委員会の構成

委員長 副院長 中島三郎
委員 院長・副院長・診療部長・診療技術部長・各診療科部長・看護部・診療支援課・薬剤科・栄養科・リハビリテーション技術科ほか、委員会の内容により必要に応じて関係部署から参加

スタッフ紹介

看護師 2名(うち外来業務兼務1名)
診療情報管理士 2名
事務補助 3名
広報誌ふれあい
スタッフブログえがお
久木野診療所
水俣芦北糖尿病療養士会
仁愛の窓 短歌・俳句・川柳の募集
リンク集
太陽熱利用システム
倫理について
back-to-top
ページ上部へ