ご来院の方へ

for coming to hospital

中央手術センター

中央手術センターについて

中央手術室

pic0

麻酔科医師1名と看護師11名、労務補助3名の人員構成で手術業務を担っています。手術室は6部屋あり、そのうち1部屋は人工関節等の手術が受けられるバイオ・クリーンルームを備えております。手術担当科は、外科・整形外科・脳神経外科・泌尿器科・皮膚科・産婦人科・歯科口腔外科、眼科の8科で、手術件数は、平成25年度1927件、平成26年度1826件、平成27年度1834件です。
地域での急性期病院として、緊急手術も24時間の待機体制で受け入れています。予定手術では、術前訪問を行い、患者さんが安心して手術を受けられるようにサポート、麻酔科及び手術センタースタッフ間で情報を共有して安全な麻酔・手術が提供できるよう努力しております。入室方法も基準マニュアルを作成して、なるべく患者さんの希望に添った方法を取り入れております。麻酔症例の手術でも、問題なければ点滴確保下での歩行入室も多くあります。手術看護の動向については、日本手術看護学会の九州地区熊本分会に所属し、情報交換や研鑚に努めております。

中央器材室

中央器材室

中央器材室は労務補助4名の体制で洗浄・滅菌業務を担っています。平成21年度よりウォッシャーデスインフェクター(WD)を設置して一次洗浄中央化を導入しました。スタッフが院内の汚染器材の回収、消毒器材の配送を行い、衛生材料の滅菌製品への切り替え等を同時進行で推進、業務の効率化を図り感染の伝播防止や処理の統一化を目指しています。
医療器材の洗浄滅菌処理に関しては、オートクレーブ2基・EOGガス滅菌器1基、プラズマ滅菌装置1基・超音波洗浄器1基・WD2基を備えております。
手術室スタッフが滅菌技師の習得もしており、滅菌関係の研修会にも積極的に参加しています。

広報誌ふれあい
スタッフブログえがお
久木野診療所
水俣芦北糖尿病療養士会
仁愛の窓 短歌・俳句・川柳の募集
リンク集
太陽熱利用システム
倫理について
back-to-top
ページ上部へ