ご来院の方へ

for coming to hospital

臨床工学科

臨床工学科の紹介

臨床工学科

人の呼吸、循環、代謝といったような生命の維持に直接関わる機能を代行したり、補助したりする装置を「生命維持管理装置」といいます。この「生命維持管理装置」の操作および保守点検を仕事とする医療職種が臨床工学技士です。医師をはじめ、看護師などと共にチーム医療の一員として臨床工学技士は医学と工学の知識を活かし生命維持をサポートしています。
当科は平成14年に開設され、血液浄化、高気圧酸素、機器管理、心臓カテーテル、ペースメーカー業務に従事しています。また、平成22年より腹部内視鏡手術時のスコーピスト(内視鏡操作)も担当するようになりました。さらに平成23年度より人工膵臓(人工膵島)装置を使用した検査・治療のサポートも行っています。

業務内容

血液浄化(人工透析センター)

  • 血液透析、血液透析濾過、血液濾過
  • 血漿交換、血漿吸着
  • 血液吸着
  • 血液浄化関連機器の保守・管理

ペースメーカー(心血管造影室・循環器内科外来)

  • ペースメーカー埋込みや交換時にはアナライザー・プログラマーの操作を行い、医師の補助をしています。
  • 毎週火曜日は外来にて2回/年の外来患者のペースメーカーチェックを行っています。

人工膵島

専用の機械を用い、糖尿病疾患の血糖コントロールやインスリン耐性等の検査・治療を行う際の回路へ組立等のサポートを行っています。

心臓カテーテル(特別造影室)

心臓カテーテル検査・治療の補助やIABP(大動脈内バルーンパンピング)装置、IVUS(血管内エコー)装置、ポリグラフ(心内圧波形記録)装置の操作・保守を行っています。

高気圧酸素(高気圧酸素治療室)

高気圧酸素療法治療とは・・・?

2気圧以上(水深10m程度以上)での酸素投与を行うことで、血液中に溶解する酸素量を増やし、症状を改善する治療です。

導入 平成15年
適応疾患 突発性難聴、腸閉塞、脳梗塞、火傷など

詳細は下記「高気圧酸素療法について」をご参照ください。

 

 

 

腹部内視鏡手術(手術室)

内視鏡下で胆嚢、胃、肺手術を行う際に、視野確保のための内視鏡操作(スコーピスト)を担当しています。

機器管理(MEセンター)

機器の中央管理(使用の円滑性を目的に機器を1ヶ所に集めた管理)を行い、安全性の高い機器を現場に提供すること、トラブルや故障にいち早く対応することを目的として平成12年に開設されました。
現在では、生命維持管理装置を含めた300台以上の機器を管理(点検、修理、メンテナンス)しています。

高気圧酸素療法について

高気圧酸素療法

大気圧よりも高い気圧環境の中に患者さんを収容し、高濃度酸素を適用することによって、病態の改善を図ろうとする治療方法です。
当センターには酸素加圧式の第一種(一人用)治療装置が導入されています。治療科目別適応症例は下記のとおりです。
お問い合わせは、各診療科または臨床工学科までお願いします。

腹部内視鏡手術(手術室)

診療科目適応症例
脳神経外科
  • 脳梗塞、重傷頭部外傷もしくは開頭術後の意識障害又は脳浮腫
  • 重傷の低酸素性脳機能障害
  • 脳血管障害、重傷頭部外傷又は開頭術後の運動麻痺
整形外科
  • ガス懐疽
  • 重傷の脊髄障害
  • 脊髄神経疾患
  • 骨髄炎
  • 重症外傷性捻滅症(コンバートメント症候群)
  • 壊死性筋膜炎(壊疽性筋膜炎)
呼吸器内科
  • 急性一酸化炭素中毒その他のガス中毒
  • 空気塞栓又は減圧症
  • スモン
消化器内科
  • 腸閉塞
循環器内科
  • 急性心筋梗塞
  • 急性冠不全
外科
  • 腸閉塞
  • 皮膚移植
  • ショック(敗血症性ショック、出血性ショック)
  • 急性末梢血管障害
  • 重傷の熱傷又は凍傷
  • 広汎挫傷又は中等度以上の血管断裂を伴う抹消血管障害
  • 放射線性腸炎
  • 放射線又は抗癌剤治療と併用される悪性腫瘍
泌尿器科
  • 放射線性膀胱炎
眼科
  • 網膜動脈閉塞症
耳鼻咽喉科
  • 突発性難聴
皮膚科
  • 熱傷
その他
  • 放射線又は抗癌剤治療と併用される悪性腫瘍
  • 放射線懐死
  • 感染症

スタッフ紹介

総括主任 臨床工学技士
医療機器安全管理責任者

氏名 政岡 秀典

主任 臨床工学技士

氏名 寺床 直洋

臨床工学技士

氏名 三浦 京太郎
中ノ上 洋憲
友村 淳一
藤井 謙一郎
広報誌ふれあい
スタッフブログえがお
久木野診療所
水俣芦北糖尿病療養士会
仁愛の窓 短歌・俳句・川柳の募集
リンク集
太陽熱利用システム
倫理について
back-to-top
ページ上部へ