ご来院の方へ

for coming to hospital

健康管理センター
特定健診・特定保健指導

特定健診・特定保健指導

メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)に着目した健診・保健指導です。
メタボリックシンドロームとは、肝臓や腸などの内臓の周りに脂肪がたまりすぎた状態(内臓脂肪型肥満)に加え、高血糖・高血圧・脂質異常のうち2つ以上が加わった状態をいいます。たまりすぎた内臓脂肪は、放置しておくと将来的に脳卒中や心筋梗塞・糖尿病を引き起こしやすくなることがわかっています。
この健診制度は40歳から74歳までの方が対象で、加入している医療保険者が実施主体となります。健診後は結果と問診、内臓脂肪の蓄積の程度に基づき、生活習慣病などのリスク要因や年齢、服薬の有無などを考慮して、以下の3つのグループ「情報提供」・「動機づけ支援」・「積極的支援」に分けて保健指導を行います。

基本的な検診(+詳細な検診)

基本的な検診(+詳細な検診)

特定保健指導のご案内

保健指導では特定健診の結果、メタボリックシンドロームに該当される方やその予備群の方に対して、原因となる生活習慣を見直すためのお手伝いをいたします。
対象者に該当する方は、是非この機会に生活習慣の見直しと改善を行い、病気を予防しましょう。

対象者(年度年齢40歳以上)

対象者(年度年齢40歳以上)


保健指導の流れ

保健指導の流れ

個人情報のお取り扱いについて

取得した個人情報は、以下の利用目的の範囲内で利用いたします。

  1. 健診結果・問診等に基づく診断、保健指導、計画書・経過記録の作成
  2. 委託医療保険者への結果報告
  3. 個人情報を匿名化した上での保健指導結果の分析のためのデータ利用

国保水俣市立総合医療センター 健康管理センター(本館3階)

TEL.0966-63-2101(内線370・371)

広報誌ふれあい
スタッフブログえがお
久木野診療所
水俣芦北糖尿病療養士会
仁愛の窓 短歌・俳句・川柳の募集
リンク集
太陽熱利用システム
倫理について
back-to-top
ページ上部へ