ご来院の方へ

for coming to hospital

産婦人科
子宮がん検診は受けていますか

子宮がん検診は受けていますか?

子宮がんには頚がん体がんの2種類があります。
市町村の検診などで行われているのは子宮頚がん検診のみで、子宮体がん検診は行われていません。
厚生労働省の指針では、子宮がん検診は「20歳以上の女性は、2年に1回受診する」ことになっています。
子宮頚がんは、ヒトパピローマウィルス(HPV)という、主に性交渉で感染するウイルスの関与が指摘されています。性交渉の低年齢化により子宮頚がんは20歳代の若年層でも増加しています。
子宮頚部の細胞診によってがん細胞を見つけます。細胞診は、綿棒などで子宮頚部の表面から細胞をこすりとって、顕微鏡で調べます。
子宮体がんは食事の欧米化に伴い日本でも増加傾向にあります。
子宮内膜の細胞診によってがん細胞を見つけます。子宮内膜細胞診は、ブラシや細い管などを子宮内腔へ挿入し、細胞を採取し、顕微鏡で調べます。未産婦の方、閉経後の方などの場合は、器具を挿入する際に多少痛みを感じることがあります。
子宮頚がん・子宮体がんの初期症状の多くは不正性器出血です。早期発見・早期治療のため、検診を是非おすすめします。
当センター産婦人科では子宮頚がんはもちろん、子宮体がんに関して経膣エコーも適宜加えて検診を行っています。
受診の際は、ご予約とスカート着用をおすすめします。

お問い合わせ先

国保水俣市立総合医療センター 産婦人科

TEL.0966-63-2101(内線220)

広報誌ふれあい
スタッフブログえがお
久木野診療所
水俣芦北糖尿病療養士会
仁愛の窓 短歌・俳句・川柳の募集
リンク集
太陽熱利用システム
倫理について
back-to-top
ページ上部へ