水俣芦北糖尿病療養士会

Minamata Ashikita Diabetes Educator

規約

第1条 水俣芦北地域における糖尿病教育の正しい知識および技術の普及・啓発を図るための医療スタッフの養成および認定を目的とする。
第2条 前述の目的を達成するため、水俣芦北糖尿病療養指導士認定制度を設定し、本制度の維持・運営のために、水俣芦北糖尿病療養指導士認定委員会(以下認定委員会と略す)を設置する。
第3条 認定委員会の主たる事務局は熊本県水俣市天神町1-2-1国保水俣市立総合医療センター代謝内科に置く。
第4条

認定委員会

  1. 認定委員会は互選により、委員長1名、副委員長2名、会計1名を選出する。
  2. 監査は1名をコスモス会会長とし、水俣芦北郡市医師会所属の医師から1名を選出する。
  3. 認定委員会は必要に応じ、委員長が召集する。
  4. 認定委員会は水俣芦北糖尿病療養指導士認定制度にかかわる全ての事項を決議する。
  5. 委員の任期は3年とする。委員が辞任する時は、その旨を会長に届け出なければならない。ただし、補欠委員の任期は、前任者の残任期間とする。
第5条

実務委員会

  1. 実務委員会は認定委員会が推薦した水俣芦北地域に勤務の日本糖尿病療養指導士によって構成される。
  2. 実務委員会は、研修委員会、試験委員会の2委員会からなり、各委員はいずれかの委員会に所属する。
  3. 各委員会の委員長には、認定委員が就任する。
  4. 委員の任期は3年とする。委員が辞任しようとする時は、その旨を会長に届け出なければならない。ただし、補欠委員の任期は、前任者の残任期間とする。
第6条

認定委員会開催の研修会受講資格

認定委員が開催する研修会の受講を希望する者は、資格の如何に関わらず、受講できるものとする。

第7条

水俣芦北糖尿病療養指導士の認定

  1. 水俣芦北糖尿病療養指導士認定試験の受験資格は、次の各項の条件を全て満足することを要する。
    • 薬剤師・保健師・助産師・看護師・准看護師・管理栄養士・栄養士・臨床検査技師・衛生検査技師・理学療法士・作業療法士・臨床工学技士・歯科衛生士、介護福祉士の資格を有している。
    • 「医療スタッフのための糖尿病基礎講座」全てを受講している。
    • 「糖尿病療養指導のための実技・演習」を受講している。
    • 所属長の推薦状を提出して頂いている。
  2. 上記の条件を全て満たす者に対して認定試験を行い、合格者に対して認定委員及び実務委員にて審査の上、認定証を交付する。
  3. 受験料は2,000円とする。
第8条

水俣芦北糖尿病療養指導士の更新

  1. 認定は5年毎に更新する。
  2. 認定の更新に際しては、「医療スタッフのための糖尿病基礎講座」を、5年の間に全項目受講していることを要する。
  3. 更新の手数料は1,000円とする。
第9条

補則

  1. 出産・海外ボランティア・転勤・長期出張などで、更新が不可能な場合、その理由を証明する書類の提出を認定委員会に提出することにより、認定期間の延長を申請することができる。ただし、延長期間は2年までとする。
  2. 現在、水俣芦北地域に勤務し、水俣芦北地域外の地域糖尿病療養指導士資格を既に有する者は、認定委員会に水俣芦北糖尿病療養指導士の認定を申請し、認定委員会の審査で有効と判断されれば、認定を受けることができる。
  3. 全受講後の、未受験あるいは不合格の場合の受験資格は、原則として次年度、次々年度の2年間とする。この場合再受講を必要としない。
  4. この規則は平成26年2月1日から施行する。

会則

第1条

名称

  1. 本会は水俣芦北糖尿病療養士会と称する。
第2条

目的

本会は日本糖尿病療養指導士及び水俣芦北糖尿病療養指導士の育成を図り、会員相互の連携と協力によって水俣芦北・北薩地域における糖尿病の正しい知識および技術の普及・啓発を図ることを目的とする。

第3条

事務局

本会の事務局を国保水俣市立総合医療センター代謝内科(水俣市天神町1-2-1)に置く。

第4条

活動

  1. 糖尿病の正しい知識および技術の普及・啓蒙活動
  2. 会員研修
  3. 情報交換
第5条

会員

本会の会員は、水俣芦北・北薩地域の医療機関に勤務する日本糖尿病療養指導士及び水俣芦北糖尿病療養指導士とする。

第6条

入会、退会

  1. 認定を受けた者は入会を原則として入会届を提出する。
  2. 退会しようとする者は、理由を付して退会届を提出し、役員会で決定する。
第7条

役員

本会に次の役員を置く。

  1. 会長  1名
  2. 副会長 2名
  3. 役員  若干名
第8条

役員選出

  1. 役員は総会で選出する。
  2. 会長、副会長、監事は役員会で互選する。
  3. 役員会の任期は2年とし、再任を妨げない。
第9条

役員会

役員会は、総会に次ぐ議決機関であって、必要に応じて年1回以上会長が召集する。

第10条

総会

  1. 総会は本会の最高議決機関であり、年1回会長が開催する。但し、必要ある時は臨時に開くことができる。
  2. 総会は会員の2分の1の出席(委任状を含む)をもって成立する。
  3. 総会の議決は出席会員(委任状を含む)の過半数をもってこれを決する。
第11条

顧問相談役

本会に、総会で選出した顧問相談役を置くことができる。

第12条

各部会

本会は、日本糖尿病療養指導士部会、水俣芦北糖尿病療養指導士部会及び水俣芦北糖尿病療養指導士認定委員会を有する。

  1. 日本糖尿病療養指導士部会
    当該地域の医療機関に勤務する日本糖尿病療養指導士により構成される。
  2. 水俣芦北糖尿病療養指導士部会
    水俣芦北糖尿病療養指導士により構成される。
第13条

会則

  1. 本会則に規定のない事項は、その都度、役員会で決定する。
  2. 本会則の改廃は、総会で行う。

附則

この会則は平成26年4月1日から施行する。

広報誌ふれあい
スタッフブログえがお
久木野診療所
水俣芦北糖尿病療養士会
仁愛の窓 短歌・俳句・川柳の募集
リンク集
太陽熱利用システム
倫理について
back-to-top
ページ上部へ