おしらせ

院内における新型コロナウイルス感染について(最終報)

令和3年1月6日(水)以降に当院内で発生しました新型コロナウイルス感染につきまして、
入院および外来患者様をはじめ、当院をご利用される皆様に多大なご心配をおかけしましたことに心よりお詫び申し上げます。

令和3年1月6日(水)から2月5日(金)の間に入院患者様5名、職員4名の計9名の新型コロナウイルス陽性が確認されたところでしたが、その後接触の可能性のある全患者様と職員のPCR検査を実施しましたところ、全員の陰性を確認しております。

新たな陽性患者の発生はなく、陽性者および接触の可能性のある患者様および職員全員の健康観察期間も終了いたしました。
水俣保健所より院内感染の収束の判断をいただき、一部閉鎖しておりました病棟運用の再開と入退院を通常通り再開することとなりましたのでお知らせいたします。

今後も、職員一同全力を挙げて感染防止対策強化に取り組み、皆様に安心してご利用いただけるよう努めてまいります。今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

 

令和3年2月22日
国保水俣市立総合医療センター
院長 阿部 道雄

広報誌ふれあい
スタッフブログえがお
久木野診療所
病院指標
kmn
水俣芦北糖尿病療養士会
倫理について
bn09
リンク集
太陽熱利用システム
back-to-top
ページ上部へ