ご来院の方へ

for coming to hospital

薬剤科
薬剤科の業務

薬剤科の業務

現在、薬剤科では以下の部門に分かれており、外来調剤の他に様々な業務を13名の薬剤師と4名の助手で分担して行っています。

調剤室

調剤室

全面院外処方せん発行に伴い、仕事内容を病棟中心に移行しました。主に、入院患者さんのお薬を作り、担当薬剤師が定期的に病室にお伺いして、直接お渡ししています。
更にお薬の効果、使用方法、副作用などについて説明させていただき、医師や看護師、その他の医療スタッフと共に薬の管理に参加しています。これを薬剤管理指導業務といいます。未然に副作用を回避したり、副作用が出現したとき迅速に対応できるなど患者さんが安心して入院生活を送れるよう努めています。
入院患者さんの薬剤科への窓口は、この病棟担当薬剤師となります。日頃から疑問に思っていたことなど、お薬に関することなら何でもご相談下さい。

業務内容

  • 今まで使用されていたお薬(飲み薬・目薬・塗り薬・市販薬等)や健康食品等の確認。
  • 入院中に処方されるお薬・注射について患者さんに説明する。
  • 使用されているお薬から予測される副作用を確認して、その症状の改善を考える。
  • 患者さん個人のお薬の履歴を作り、一緒に服用されるお薬や食品の飲み合わせをチェックする。
  • お薬の使用方法を理解していただき、退院後も正確に使用・保管できるように説明する。
  • 定期的に病室にお伺いし、患者さんからのお薬についての質問や相談に応じる。

注射室

注射室では、医師から出された注射処方せんに従い、治療に必要な注射薬を患者さんごとに用意し、病棟や外来へ渡しています。
オーダ入力された注射処方せんは注射室のプリンタ−から出力されます。その際、医師から出された処方内容について、注射薬の使用方法、2種類以上の注射薬を混ぜても問題はないか等のチェックをしています。
患者さんごとに注射薬を用意することにより、薬学的管理ができるとともに、在庫の削減が可能となり、病院理念の一つである健全経営に効果があると考えています。外来及び病棟在庫等の薬品管理については、担当薬剤師が定期的に行っています。

注射処方せん枚数

外来 61.8枚/日
入院 126.7枚/日

製剤室

製剤室では、主に市販製品がないお薬を調製しています。病院の中で独自に調製され、その病院内だけで使用することができるお薬を院内製剤といいます。院内製剤の中には医薬品として正式に認められていないものもありますので、他に有効なお薬や治療方法がない場合に限り、医師の管理下で慎重に使用する必要があります。
院内製剤には、注射薬、軟膏、目薬や消毒薬などがあり、作り方もそれぞれ違います。製剤室にあるクリーンベンチや高圧蒸気滅菌機などの設備、機器を用いて適した形でお薬を作り、有効性、安全性、使用性及び品質を確保するための厳重な管理を行っています。
その他に、各科外来・病棟からの処置用薬品の出庫請求、受領、監査、払い出し、在庫管理を行っています。
また、卒前・卒後の実習生、研修生、院外薬局の薬剤師に対する製剤教育にも対応しています。

主な院内製剤

  • 20%塩化アルミニウム液
  • 0.02%オスバングリセリン液
  • 3%酢酸液
  • 止痒液
  • 耳垢水
  • 塩化メチルロザニリン(ピオクタニンブルー)※小児科で0.1%のみ
  • 3%酢酸ワセリン
  • 3%酢酸ワセリン
  • 5%ヒドロキノン親水軟膏
  • 0.025%カプサイシン軟膏
  • ツムラ漢方薬坐剤
  • モース氏軟膏

薬品計理室

医薬品の購入は通常、薬品計理室を通して行われます。薬剤科の調剤室・製剤室・注射室等からの購入依頼のみならず、病院内の他の部署(検査室・放射線科・透析センター等)からの購入依頼を受けて発注書を作成し、発注を行います。医薬品は各卸業者から納入されるため、管財係での検品後、薬品計理室ではその納品・受領を行っています。
さらに、購入した医薬品の品質管理及び在庫管理を行い、AMA(アライドメディカルアソシエイツ)のシステムにより受払い帳簿等を作成します。
また、院内で使用される医薬品(採用薬品)を決定する薬事審議会の資料を作成しています。新製品と既存のお薬の効果(効き目)の比較や後発医薬品との購入価格の違いを調べて、一覧表等にします。その他、各種アンケートや薬剤科関係統計資料の作成に対応しています。

  • 品質管理
    有効性、安全性、使用性。すべての医薬品は生産された時点から変化が始まるため、環境整備はもとより特に保管中の有効期限・温度・遮光に注意しています。
  • 在庫管理
    バーコードによる数量管理(品名・単位)を行っています。経済性を考慮しつつ欠品を最小限に抑えています。
  • システム管理
    薬品マスターの整備(新規採用、採用取消、滞庫・デッドストック薬品の整理、薬価・納入価改訂)を行っています。

後発医薬品とは?

先発医薬品(ブランド)、後発医薬品(ジェネリック)と呼ばれるお薬があります。「先発医薬品」は、最初に開発販売されたお薬のことで、特許期間が20~25年あります。その特許期限が切れた後に同じ成分を使って、他の会社で作られたものが「後発医薬品」です。
お薬の名前や色・形は違いますが、成分が同じなので効きめは同じだと言われています。研究開発のための費用等がかからないので、薬の値段(薬価)は先発医薬品より安価になります。
アメリカでは、院外処方せんを調剤薬局へ持って行くと、「ブランド(先発医薬品)にしますか?ジェネリック(後発医薬品)にしますか?」とたずねられるほど、一般的に処方されていて、患者さん側の都合でお薬を選ぶことができます。
現在医療センターでは、商品名で処方されていますので、調剤薬局において、医師への照会なしに他の商品名の後発医薬品に代えることは認められていません。患者さんの負担と健全経営を考慮し、システム整備・連携を念頭に置いた、今後の検討課題の一つと考えています。

DI室

DI室のDIとは、Drug Information(ドラッグ・インフォーメーション)の略で、医薬品情報という意味です。
院内での医薬品の適正な使用のために、お薬に関する様々な情報を収集・整理し、各部署に伝達するのが主な業務です。
DI室では、インターネット等を駆使して最新の情報収集・検索を行い、必要なところへタイムリーな情報を的確に提供しています。

業務内容

  • 医師・看護師・その他の医療スタッフへのお薬についての重要な情報の伝達
  • 院内採用医薬品集、DIニュースの作成及びイントラネット(院内のインターネット回線)による配信
  • オーダリングシステム(医師がコンピュータを用いて薬を入力するシステム)への登録薬のリスト管理
  • 厚生労働省への副作用報告
  • 薬の識別など病院内外からの問い合わせへの対応
  • 薬剤管理指導業務の支援
  • 薬品購入システムの管理
  • 実習生・新人薬剤師の研修
広報誌ふれあい
スタッフブログえがお
久木野診療所
水俣芦北糖尿病療養士会
仁愛の窓 短歌・俳句・川柳の募集
リンク集
太陽熱利用システム
倫理について
back-to-top
ページ上部へ