ご来院の方へ

for coming to hospital

代謝内科(糖尿病・内分泌センター)
インスリン注射のお話

インスリン注射のお話

インスリン加療は一生しなければいけないから嫌だという方がいらっしゃいますが、それは誤解であると言えます。
多くの人は早期にインスリンを導入すれば今まで無理をしていた身体を休めることができ、その結果今まで効かなかった内服薬が効きやすくなることがよくあります。
薬が効きやすくなればインスリンを中止して再度内服薬へ変更ができます。また、早期のインスリン導入により糖尿病改善を認め合併症も進行しないことがあります。
逆に、インスリン導入のタイミングを遅らせ続ければ身体は疲弊していき、内服薬が全く効かず結局、インスリンしか治療法がない、といったことになります。
効かない薬をいつまでも飲み続ける間に合併症が進行し、インスリンを一生打ち続けることとなるわけです。当センターではインスリンを積極的に導入しており、できるだけ早期にインスリンを導入し、内服薬へ変更する方針をとっています。
インスリン加療が必要な方には原則として入院していただきインスリン導入を行っていますが、仕事が忙しい方やどうしても入院ができない方に対しては、外来でインスリン導入を施行しております。
インスリンに関するご質問等ありましたら、お気軽に糖尿病・内分泌センターへお問い合わせください。

インスリン注射

広報誌ふれあい
スタッフブログえがお
久木野診療所
水俣芦北糖尿病療養士会
仁愛の窓 短歌・俳句・川柳の募集
リンク集
太陽熱利用システム
倫理について
back-to-top
ページ上部へ