ご来院の方へ

for coming to hospital

皮膚科
爪の病気について

爪の病気について

爪には二つの病気が多くみられます。

爪水虫

ひとつめは爪水虫です。正式には爪白癬といいます。
水虫は、白癬菌というカビが原因の感染症です。
足の皮膚の表面にできる足水虫を長期間放置すると、爪の中まで菌が入り込み、爪が白く濁り厚くなるやっかいな爪水虫になってしまいます。
水虫の診断は皮膚や爪のごく一部をとって、菌の有無を調べて判断します。
足水虫はつけ薬が有効です。見た目にはなんとも無くても、足全体にぬる事、治ったと思ってから一ヶ月以上は塗りつづける事が再発しないポイントです。
一方、爪水虫は厚くなった爪の中まで塗り薬が浸透しにくいので、飲み薬で治すのが効果的です。
最近の飲み薬はよく効くようになっており、半年から1年程度の内服で済むようになってきました。
各々の体調や、薬の飲み合わせなどありますので、医師と相談して治療方針を決めて行く必要があります。

爪水虫


巻き爪

二つ目は、巻き爪です。正式には陥入爪といいます。ただの巻き爪と思っていると、膿がたまり、歩けないくらい痛くなることもあります。
飲み薬や塗り薬で治療したり、爪の切り方に注意したりします。
しかし、何度も再発してくる場合は手術をする必要がでてきます。以前は、陥入爪の手術は入院が必要でしたが、最近はフェノール法という、食い込んでいる爪を抜いて、薬で再び生えないようにする、新しい手技に変わってきました。外来で処置できるため入院の必要も無く、痛みも少なく患者さんに大変喜ばれています。
たかが爪、されど爪です。上記のような症状で悩まれている方は、皮膚科受診をしてみて下さい。

巻き爪

お問い合わせ先

国保水俣市立総合医療センター 皮膚科

TEL.0966-63-2101(内線210)

広報誌ふれあい
スタッフブログえがお
久木野診療所
水俣芦北糖尿病療養士会
仁愛の窓 短歌・俳句・川柳の募集
リンク集
太陽熱利用システム
倫理について
back-to-top
ページ上部へ