スタッフブログ えがお

staff blog

久々の更新となってしまいました。

広報スタッフのFです。

 

短かった梅雨も明け、清々しい夏がやってくる!と思っていたのですが、ものすごい湿気と猛暑が待っていようとは・・・

日本全国でも公式記録40度を超える猛暑が続いており、各地では多数の方が熱中症で病院に運ばれています。

屋内でも、直接日があたっていないからと油断すると、自身の気づかないうちに熱中症となっているケースも多々あります。

皆様も熱中症には十分注意し、こまめな水分補給に心がけましょう。

 

夏を迎え、児童・生徒・学生の皆さんは楽しい楽しい夏休み!

医療センターは夏休みでお盆の期間はお休み・・・なんてこともなく、7月・8月の夏休みシーズンも通常通り診療を行っています。

さて、夏といえばイベント♪

当院スタッフも水俣市内のイベントに参加します!

 

 まずは恋龍祭!水俣市内で行われる最大級のお祭りです!各地区、企業、団体など数多くの市民が参加します。

当院は参加する団体の中で最も多い参加人数を誇ります!とはいえ、入院関係のスタッフはお仕事ですが・・・

dsc 0002 r 9

まずは、病院前のロータリーで踊りのお披露目会を行います!

患者さまが見守る中、美しい踊りを・・・美しい・・うつく・・・

 

全然揃ってないバラバラな踊り(笑)

 

dsc 0005 r 12

「なかなか練習時間が取れなかった」、「毎年踊っているから覚えていると思った!」なんて言い訳がちらほら聞こえてきます・・・。

私も、実は事前練習には参加せず、踊っているうちに思い出すだろう。前の人を見ながら踊れば完璧くらいのかる~い気持ちだったのですが・・・

 

私の前の人も、その前の人も見よう見まねのロボットダンス

 

だとは想定外でした。

 

そんな状態のバラバラな踊りにもかかわらず、患者さまからは温かい拍手をいただきました!

あ、ありがたき幸せ・・・っ!

dsc 0021 r 28

 

そして本番!市内に繰り出して総踊りが始まります!

1時間半に渡って全長500m(往復1km!)の区画をぐるぐる踊り回ります!

無駄に人数が多いので、医療センターの隊列はとても長い!

dsc 0020 r 27

最初はバラバラだった踊りも、少し時間が経つと少しは揃うようになっています。

昨年は会頭賞を頂いたので、今年もなにか賞をいただければありがたいなぁ~(/ω・\)チラッ

なんて思っていたのですが、他の団体さんのきれいに揃った素晴らしい踊りを前に霞む当院の踊り・・・

1時間が過ぎた頃には猛暑と体力の無さから再度バラバラな踊りになってしまいました!(もちろん賞はもらえず)

 

 

 

さて、お次は8月5日に水俣川河口で行われた第43回競り舟大会への参加です!

 このイベントにも、当院は毎年参加しています!今年はなんと5チーム参加しました!

今年からは、従来の木造船からFRP(強化繊維プラスチック)製の新造舟に変わったことから、漕手が従来の14名から10名に変更になりました。

さて、当院は昨年、全チームが初戦敗退という情けない結果を出してしまったので、今年はいつになく燃えています!

目指せ!2回戦進出!をスローガンに(目標が低い・・・)

 snapcrab noname 2018 8 9 8 25 10 no 00 r

気合は十分ですが、うだるような暑さに、新人事務職員のOくんは早くもダウン・・・

熱中症対策は必須です!

 

snapcrab noname 2018 8 9 8 25 57 no 00 r

身体を傷めないためにも準備運動は必須ですね!力を瞬発的に使う競技なので身体を柔らかくしておかないと、肉離れなどの原因になります。リハビリテーションのスタッフが指導を行いながらストレッチを行います!

snapcrab noname 2018 8 9 8 25 37 no 00 r

いざ出陣!

この日のために1ヶ月間みっちりと練習を重ねてきました。

snapcrab noname 2018 8 9 8 27 10 no 00 r

結果は・・・・なんと男子3チーム中、2チームが2回戦進出という奇跡を達成しました!

しかもBチームは敗者復活戦で他のチームとほぼ同着で審議にかなりの時間がかかるほど劇的勝利を収めての進出となりました。

昨年が全試合敗退ということを考えると大健闘です!

 

女子チームも負けていませんよ♪

snapcrab noname 2018 8 9 8 27 46 no 00 r

今年は女子チームもユニフォームを一新し、気合い充分です!

結果は、女子2チーム中、1チームが2回戦に進出しました!

計3チームが2回戦に進出するのは前代未聞!

この結果に、当院管理者も満足顔?

snapcrab noname 2018 8 9 8 27 56 no 00 r

2回戦で3チームとも敗退してしまいましたが、来年こそは期待の持てる結果となりました!

みなさん、おはこんばんちは(おはよう、こんばんは、こんにちは)。

 

例年にない爽やかで過ごしやすい日々が続いており、今年は桜をとても長く楽しむことが出来ました。

3月31日、4月1日が土日だったということもあって桜を囲って楽しい時間を過ごされた方も多かったのではないでしょうか。

 

さて、当院においても4月は新たな年度の始まりであり、新しいメンバーを加えての1年のスタートとなりました。

3月末日をもって10名の医師が当院から異動となり、4月からは11名の医師を当院に迎え診療をスタートしています。

また、看護師、放射線技師、理学療法士、言語聴覚士、事務職員の新規採用職員も新たにメンバーに加わっています。

※異動の医師については広報誌「ふれあい」でもご紹介しております。ぜひご覧ください。

 

4月2日(月)では、新規採用医師、新規採用職員と4月の異動のあった職員に対し辞令交付式がありました。

病院事業管理者の坂本より現在地域医療を取り巻く厳しい環境の中、水俣をはじめ水俣芦北地域の医療圏を今後も守っていくために一丸となって努力することを職員一同努力しなければならないことが語られました。

dsc 0226 1 r

 

また、4月1日からは当院をご利用いただいている皆様に関連した一部サービスの改定を行っています。

1つは駐車場の料金体系の一部見直しを実施しました。実施内容についてはこちらに掲載しています。

 

当院の医療相談窓口である地域医療支援室では、新たに「治療と仕事の両立支援室」を開設しました。

仕事をされている方が長期的な治療を要する場合や、突発的な病気などにより、「仕事に影響が出たらどうしよう」「休むことで職場での立場が悪くならないだろうか」「ゆっくり治療する余裕がない」「仕事を休職することで経済的な不安がある」といったことで悩まれる方がとても多くいらっしゃいます。

一人で悩んだり、家族や友人などに相談しても解決できないケースも多く、治療が後回しになったり、「まずどこに相談すればよいのか」といった悪循環に陥ることもあります。

当院では、そういった病気の治療と仕事の両立を支援するための相談窓口を設置しました。

職場の人事担当者や上司などにどのように治療の理解を求めるかといったアドバイス、休職中に使える公的なサービスのご案内など治療と仕事を両立するための相談を受け付けています。専門資格をもったソーシャルワーカーが対応いたしますので、安心して相談いただけます。

dsc 0007 1 r

 

新しい年度となり、当院もこれから地域医療の継続と発展のために職員一丸となって努力していきますので、変わらずのご愛願をよろしくお願いします!

広報誌ふれあい
スタッフブログえがお
久木野診療所
水俣芦北糖尿病療養士会
仁愛の窓 短歌・俳句・川柳の募集
リンク集
太陽熱利用システム
倫理について
back-to-top
ページ上部へ