スタッフブログ えがお

staff blog

市民駅伝

3月5日(日)
エコパーク水俣で 第44回市民駅伝大会が開催されました。

img 7609

老若男女の市民ランナーが
10区間、全長8.8キロのコースをタスキで繋ぐ
水俣の冬の風物詩、市民駅伝大会。

今回は、地域の部27チーム、職域の部36チーム、女性の部6チーム
計69チームが出場し、

当センターからも4チーム、57名が参加しました。

 

 

寒空の下、開会式を前に続々と集まってきた医療センター選手団。

img 7387 コピー

一人静かに闘志を燃やす総務課・K選手は
最終調整に余念がありません。

img 7380 コピー

 

一方、医療センターなでしこチームは記念撮影に余念なし!

img 7374 コピー

 

などと言っている間に、職域の部、一斉にスタートしました。

img 7396 コピー

さあ!エコパーク水俣陸上競技場を舞台に
今年も決戦の火蓋が切って落とされました。

これから一体 どんなドラマが展開されるのでありましょうか!

 

ガンバレー!ガンバレー!

img 7604 コピー

 

応援に駆けつけたスタッフから大きな拍手と声援を受け
早春のエコパークを駆け抜ける、医療センターの若き精鋭たち。

img 7466 コピー

 

img 7501 コピー

 

img 7591 コピー

 

img 7555 コピー

 

 

アラフォー、アラフィフ世代だって負けてません!

img 7526 コピー

 

img 7428 コピー

 

 

おっと!

E選手、大丈夫か? 足が限界のようです。

img 7509 コピー

行けるか? まだ行けるのか・・・?

ダメだ! 心が折れてしまいそうだ-っ!

 

 

 

行ったーーーーーっ!!!

img 7513

何という奇跡でしょう!

さっきまでとは まるで別人のような
パワフル全開の この走り!

 

ここでタスキを途絶えさせるわけにはいかない・・・

 

きっと

医療センターを愛し、仲間を想うその強い気持ちが
E選手の背中を後押ししたに違いありません。

 

A・B・なでしこ・糖尿病医療、
医療センターからエントリーした4チームは
それぞれ無事タスキをつなぎ
笑顔でfinish。

 

中でも、医療センターAチームは 36チーム中7位と
好成績を収めたのでした。 (^ ^) v

img 7646 コピー

広報誌ふれあい
スタッフブログえがお
久木野診療所
水俣芦北糖尿病療養士会
仁愛の窓 短歌・俳句・川柳の募集
リンク集
太陽熱利用システム
倫理について
back-to-top
ページ上部へ