スタッフブログ えがお

staff blog

広域医療搬送訓練

DMATとはDisaster Medical Assistance Team略してディーマットと呼ばれる『災害派遣医療チーム』です。大規模災害などの現場で、急性期に活動できる専門的な訓練を受けた医療チームであり当院には2チーム編成されています。

D1

9/1は防災の日。この日、日本全国の空港を使用した大規模災害訓練がありました。我々も空港隣の自衛隊格納庫での災害訓練(広域医療搬送訓練)に参加しました。

D3

訓練は高知県・徳島県沖で発生した南海トラフ大地震により四国が壊滅的ダメージに遭ったという設定で実際に高松空港と松山空港から模擬患者を自衛隊の航空機で搬送し、こちらで治療にあたります。

D4

航空機の中には医療ユニットが搭載されております。

D5

飛行中も航空機の中で治療が継続して行われています。

D2

搬送された患者を機外に降ろし、自衛隊の格納庫に設けられた緊急の医療施設(SCU)にて治療を継続します。

D6

我々もこのSCUの中での訓練にあたり、夜の9時近くまで繰り広げられました。

出来ればこういう災害が起きない事に越したことはありませんが、日頃からどう動くか、災害時に備えることは大切だと改めて考えさせられた一日でした。

広報誌ふれあい
スタッフブログえがお
久木野診療所
水俣芦北糖尿病療養士会
仁愛の窓 短歌・俳句・川柳の募集
リンク集
太陽熱利用システム
倫理について
back-to-top
ページ上部へ