スタッフブログ えがお

staff blog

防災訓練

 

当院のDMATメンバーで荒尾市の防災訓練を視察させてもらいました。

 

直下型地震が起こり、小学校に多数の傷病者が取り残されているという想定です。

 

県の防災ヘリ「ひばり」からレスキュー隊が救助に向かいます。

q2

 教室には倒壊した机の下敷きになった生徒が多数います。

q3

 救急隊による現場でのトリアージ。

q4

 可及的に屋外へ傷病者を運び出します。

q5

校庭には赤・黄・緑にトリアージされた救護所が設置されています。

q16

医師による更に詳しい診察が。

q13

どうやらこの生徒が治療の優先度が高いようです。

q14

外傷性気胸の診断にて病院への搬送が決定しました。

q15

荒尾市の防災訓練は市が中心となった市民参加型の訓練でした。

 

行政、病院・医師会はもとより、消防、警察といった関係部署や、

 

建設業団体、社会福祉協議会、学校、地元消防団、自主防災組織なども協力し、

 

熱のこもった訓練でした。

 

今後、我が市でも、我々病院も行政と共に中心となって、

 

こういった防災訓練を毎年実施できる体制をとっていけたら・・・と感じた視察となりました。

q17

広報誌ふれあい
スタッフブログえがお
久木野診療所
水俣芦北糖尿病療養士会
仁愛の窓 短歌・俳句・川柳の募集
リンク集
太陽熱利用システム
倫理について
back-to-top
ページ上部へ